2008年03月28日

米ミシガン大学消費者信頼感指数

消費者の消費動向・購買意欲を把握するための指標。

一般家計(消費者)の経済状況及び消費心理についてサンプリング調査を行います。コンファレンスボードが公表する「消費者信頼感指数」と共に消費者のセンチメントを測る指標となっています。

両指標(指数値)の変動は直接的に個人消費・貯蓄に反映すると言われており、景気動向を占う上で重要な材料となります。

先行性を有することから、同指数が上昇傾向となると約6ヵ月後にはNYダウの上昇が始まると言われています。

ミシガン大学研究センターが月次で調査を行い、前月分を第2又は第3金曜日に公
表します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。