2014年08月16日

製造業PMI

製造業の購買担当者を対象にした調査。経済動向の相対的な指針になる経済指標
で、ヨーロッパ諸国を始め、米国でも実施されています。発行サイクルが1ヶ月で
あるため先行指標としての信頼性が非常に高いこと、全ての調査対象国において
統一した算出方法を用いているため国際比較が容易にできることを特徴としてい
ます。指数算定には加重平均が用いられ、新規受注数、生産高、雇用等が対象と
なっています。前月から「良くなった」場合を1、「変わらない」場合を0.5、「
悪くなった」場合を0として、50を分岐点に算定され、50を割り込むと景気後退、
上回ると景気拡大を示唆します。また、50を上回る、あるいは下回る度合いが大
きいほど、前月からの変動が大きいことを意味します。当指数は回答者の意見で
はなく、事実を基準に実施されるもので、景気動向を占ううえで極めて重要な役
割を担っています
。特に、欧州連合と米国の中央銀行は、当指標を金利政策の決定に役立てていま
す。
posted by jun at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97174883

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。